• 手続きQ&A

手続きQ&A

Q1離婚届の書き方

A1
離婚届は全国の市町村、区役所の窓口でもらえますが、インターネットで入手することも出来ます(A3用紙でなければなりません)。
協議離婚、調停離婚、裁判離婚のどの方法によって離婚した場合であっても離婚届は必要です。協議離婚の場合では、離婚届の提出によって離婚が成立します。
いずれの場合でも提出先は、本籍地ですが、本籍地以外の役所に提出する場合は、戸籍謄本が必要です。
離婚届において、当事者双方が必ず自署しなければならない箇所は、左上の署名欄のみです。また、成人の承認2名の署名押印が必要ですが、その他の箇所は、他の者が書いてもかまいません。協議離婚以外は、証人2名の署名押印は不要です。
未成年の子がいる場合には、離婚後の親権者を必ず記入する必要があります。なお、


Q2離婚したら、戸籍はどうなるのか?

A2
戸籍の筆頭者でない者は、新しい戸籍をつくるか元の戸籍に戻ります。


Q3性はどうなるの?

A3
夫が筆頭者となっている例ですが、夫は元の戸籍にとどまり、妻が新しい戸籍を作るか元の戸籍に戻ります。その際、新しい戸籍を作る場合には、離婚の際に称していた性を名乗ることにするか、あるいは旧姓に戻ることにするか選ぶことが出来ます。
離婚の際に称していた性をそのまま名乗る場合には、「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出します。離婚届け提出の際にどちらの性にするかを決めている場合には、離婚届けと一緒に提出することが一般的ですが、離婚後3ヶ月以内に提出すればよいことになっています。
期限後に、離婚時に選択した姓を変更した場合には、やむを得ない事情を証する資料を添えて家庭裁判所に「氏の変更」を申立て、許可を得ることが必要です。

Q4子どもの戸籍と姓を変更するにはどうしたらよいですか?

A4
夫婦間に未成年の子供があり、母親が親権者となったとしましょう。
この場合、母親が新戸籍をつくって元の戸籍を離れても、子供も自動的に母親の戸籍に移る、ということはありません。
子供を親権者である自分の戸籍に入れたい場合には、まず自分を筆頭者とする戸籍を作ります。その後家庭裁判所に、子の「氏の変更許可」を申立てる必要があります。裁判所から変更許可を得たら、許可審判書を入籍届けとともに戸籍係に提出します。
未成年の子が15歳以上の場合には、申立権者は未成年本人ですが、15歳未満の子は、法定代理人としての親権者が申立てを行います。


Q5離婚手続中に別の子供を妊娠し、出産してしまったら?

A5
離婚手続中に別の子供を妊娠し、出産してしまった場合でも、生まれてきた子供は、夫の子と推定されます(民法772条により)。夫は自己の子でないと知った場合、嫡出否認の訴えを提起し、子が自分の子でないことを否定することが出来ます。この嫡出否認の訴えは夫が子の出生を知った時から1年です。
 この嫡出否認の訴えは、夫しか出来ません。妻が夫の子でないことを明らかにしたい場合には、妻が夫の子を妊娠する可能性のないことを主張して、親子関係不存在調停を申立てます。
 いずれの場合も、既に子が夫の戸籍に入っている場合には、子の戸籍の移動はなく、子の父母欄から父の名前が消除され、子の戸籍に嫡出否認の記載あるいは親子関係不存在の記載がなされます。


Q6離婚成立後、直後に出産した子供の父親は?

A6
離婚後300日以内に生まれた子は婚姻中に懐胎したものと推定され、前夫の戸籍に入ります。子の場合、子を母親の戸籍に入れるためには、4と同様、前夫は嫡出否認の訴え、母親は、親子関係不存在確認の調停を申立てます。


Q7内縁解消の場合、内縁の妻の戸籍はどうなるの?

A7
内縁とは、単なる同棲ではなく、結婚の意志のある男女が事実上の夫婦として共同生活を営んでいる関係をいいます。婚姻関係とは異なる点は、婚姻届けを出していない点、内縁の妻、夫に、それぞれの相続権がないことくらいで、内縁の解消に際して慰謝料や財産分与、養育費の請求が出来るなどは法的な婚姻関係の解消と同様に解されています。
 内縁関係は婚姻届を出していないのですから、解消のための戸籍の手続きは不要です。


Q8内縁関係の間の子の戸籍は、内縁の解消でどうなるの?

A8
通常、内縁関係の夫婦の間に子が生まれると、非嫡出子として母親の戸籍に入り、母親の姓を名乗ります。その状態で内縁関係が解消された場合、子の戸籍に変更はありません。
内縁の子を父親と同じ戸籍に入れた場合には、まず認知をする必要があります。その上で、家庭裁判所に「子の氏の変更許可」の申立てを行います。その後父母内縁関係が解消されても、子の戸籍に変更はありません。
なお、父親の認知によって、母親の戸籍に入っていても子は相続権を得ますが、その法定相続分は、婚姻関係にあたる子の2分の1です。


Q9外国人と離婚した場合、戸籍はどうなの?

A9
日本人が外国人と結婚した場合、新たに日本人を筆頭者とする戸籍が編成されます。その場合、結婚前の姓で戸籍を作ることもできますし、外国人パートナーの姓に変更して戸籍を作ることもできます。
いずれの場合であっても、離婚によって結婚の際に作った戸籍も姓変更ありません。ただ、離婚の事実のみが記載されるわけです。
外国人パートナーの間に子どもが生まれた場合、子どもは日本人筆頭者の戸籍に入り、離婚の際にも筆頭者の戸籍にとどまります。この場合、姓も変わりません。
 だは、結婚の際に、外国人パートナーの姓に変えて新戸籍を作った場合、離婚に際して日本の姓に戻す場合にはどうすればいいでしょうか。
 その場合は、離婚後3ヶ月以内に区役所、市役所に「氏変更の届出」を行います。その際、さらに新しい戸籍が作られますが、子供を自分と同じ戸籍、同じ姓にしたい場合には、「同籍する旨の入籍届」を添えて提出します。離婚後3ヶ月を過ぎてしまった場合には、家庭裁判所に「氏の変更許可」の申立てをする必要があります。
 蛇足ですが、戸籍には外国人配偶者の夫欄、妻欄はありません。外国人配偶者は、日本人筆頭者の「身分事項欄」に名前」が載るだけです。というのも、そもそも戸籍は、日本国民を対象とした制度だからです。

<p class="mt30"><a href="/contact/"><img class="mb30 pc opacity" src="http://www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_banner.jpg" alt="離婚・男女問題のご相談は丸の内ソレイユ法律事務所へ フォームはこちら お電話 03-5224-3801 受付時間 9:00~18:00(土日祝日応相談)" /></a></p> <h2><span>弁護士法人</span>丸の内ソレイユ法律事務所の特徴・強み</h2> <p><img class="mb30" src="http://www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_features_small.jpg" alt="1.離婚事件の圧倒的な実績 2.東京駅徒歩4分の好立地 3.メディア実績多数の有名事務所 4.男性女性弁護士が在籍" data-src698="http://www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_features.jpg" /></p> <h2 class="h2_new_bg mt30"><span>弁護士法人</span>丸の内ソレイユ法律事務所について</h2> <ul id="menu-content-menu" class="clearfix menu-items-num-8"> <li id="menu-item-35" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-35"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/office/">事務所紹介</a></li> <li id="menu-item-37" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-37"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/lawyer/">弁護士紹介</a></li> <li id="menu-item-38" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-38"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/charge/">料金・費用</a></li> <li id="menu-item-39" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-39"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/first/">はじめての方へ</a></li> <li id="menu-item-34" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-34"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/feature/">事務所の特徴</a></li> <li id="menu-item-33" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-33"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/access/">アクセス</a></li> </ul> <div id="top-footbnr" class="pc"> <div id="top-footbnr-wrap"> <div id="top-footbnr-bnr"><a href="/contact/"><img class="pc opacity" src="/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/foot_bnr.png" alt="" /></a></div> </div> </div>
コンテンツメニュー