• 調停を取り下げた事例

検索結果

検索条件:男性(性別)
内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) 申立人(依頼者の父親)の生活状況、申立人が無駄を省いた切り詰めた生活をする努力をする意思があるのか 事務所の活動 依頼者の気持ちを伝えるための陳述書の作成、調停での依頼者の気持ちの代弁 事務所が関与した結果 申立人が諦めて調停を取り下げた 解決のポイント 申立人や裁判所へ、依頼者の気持ちを伝えることを重視した活動...

(→続きを読む)

内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) "さしたる離婚原因なし。強いて言えば性格の不一致。同居約6年、別居約3年。会社名義の不動産に妻が居住し続けていた上、依頼者の収入状況の把握が困難(申告と実態の乖離)、財産分与の対象財産も把握が困難(先方からは、同居中、意図的に自らの収入を少なくしており、その分が会社財産を構成しているのではないかとの指摘あり)面会交流も長らく実施がされていなかった...

(→続きを読む)

内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) "離婚原因:妻のいびきが原因で女性として見れなくなったので、離婚したい同居期間:21年別居期間:3か月最大の争点:離婚日、解決金の額、建物の明渡日" 事務所の活動 相手方との早期離婚、自宅建物からの早期退去が依頼者の強い希望であったことから、相手方に対し、今後の生活保証と引き換えに早期離婚及び自宅退去に応じるよう交渉を重ねた。 事務...

(→続きを読む)

内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) "離婚原因:①長年の別居、②相手方に同居の意思なし、③依頼者に婚姻費用を支払い続けるだけの資力がない同居期間:約12年別居期間:約14年最大の争点:相手方に離婚の意思があるかどうか" 事務所の活動 離婚意思に双方争いがなく、財産分与の金額について主張の食い違いがあったことから、代理人として協議を行った。 事務所が関与した結果 依頼者が...

(→続きを読む)

内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) "慰謝料額と求償権を行使しないことの合意。※不貞行為は認めていた。" 事務所の活動 慰謝料額の増額交渉 事務所が関与した結果 増額できず相手方が主張した金額で協議書を作成して終了。依頼者が訴訟に移行することを望まず、年内の解決を希望したため。 解決のポイント 特になし。低額の慰謝料額であったが、依頼者が協議で終わらせることを希...

(→続きを読む)

内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) "妻からの離婚請求。妻が離婚を希望する理由は①夫のモラルハラスメント、②夫の過去の言動に関する職場内での悪い噂、のよう。同居期間は2か月弱。別居期間は約2年。最大の争点は離婚に伴う諸条件(金銭の支払いに関する条件ではなく、口外禁止等の条件)。" 事務所の活動 相手方代理人や依頼者への説得 事務所が関与した結果 協議での合意成立。 ...

(→続きを読む)

内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) 不貞の有無・慰謝料額 事務所の活動 不貞はないこと、婚姻関係破綻の経緯に関する主張・立証 事務所が関与した結果 不貞は認定されたが、婚姻関係破綻の原因が不貞だけではないことが認められた。 解決のポイント 婚姻関係破綻の原因につき、詳細に主張・立証を行った。...

(→続きを読む)

内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) 養育費額、財産分与、解決金額 事務所の活動 相手方を調停に出席させるための努力、離婚条件の交渉 事務所が関与した結果 調停成立 解決のポイント 相手方が調停に出席しないこともあり、進行に頭を悩ませたが、依頼者が大幅な妥協を示し、相手方の意向に最大限応じて調停外での協力も行った結果、合意に至った。 ...

(→続きを読む)

内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) 養育費、解決金額 事務所の活動 調停内での金額の交渉 事務所が関与した結果 養育費について、算定表の基準より高額な金額で合意を成立させた結果、依頼者が得る利益の総額を増額させることができた。 解決のポイント 相手方に対し対案の提示をしつこく行ったこと。 ...

(→続きを読む)

内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) 離婚原因、親権、養育費、面会交流、財産分与、慰謝料 事務所の活動 交渉、調停、訴訟活動、面会をめぐる相手方代理人とのやりとり等 事務所が関与した結果 調停段階でのこちらの提案内容に近い内容で、和解で離婚を成立させた。 解決のポイント 調停終了後、相手方代理人が変わり、新たな代理人との間では厚い信頼関係を築くことができ、交渉...

(→続きを読む)

内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) 慰謝料額 事務所の活動 訴訟提起前の慰謝料額に関する交渉、訴訟活動 事務所が関与した結果 交渉段階よりも高額の慰謝料額の支払いを命じる判決を得た。その後、一括で支払いを受けることもできた。 解決のポイント 不貞行為の存在に争いがなかったこともあり、不貞行為の内容を可能な限り具体的に主張したことで、尋問をせずに判決に至り、訴訟提起から判...

(→続きを読む)

内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) 妻の不貞相手2名に対する慰謝料請求。2名とも、不貞の事実は認めており、争点は金額のみ。 事務所の活動 相手の男性(及び相手方代理人)との交渉・協議 事務所が関与した結果 1名:慰謝料200万円を一括払い。妻への求償権を行使しないことを条件の一つにした。1名:慰謝料150万円を一括払い。妻への求償権を行使しないことを条件の一つにした...

(→続きを読む)

コンテンツメニュー