• 調停離婚時にこちらの提案に近い内容で解決した事例

検索結果

検索条件:親権について
内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) 離婚原因、親権、養育費、面会交流、財産分与、慰謝料 事務所の活動 交渉、調停、訴訟活動、面会をめぐる相手方代理人とのやりとり等 事務所が関与した結果 調停段階でのこちらの提案内容に近い内容で、和解で離婚を成立させた。 解決のポイント 調停終了後、相手方代理人が変わり、新たな代理人との間では厚い信頼関係を築くことができ、交渉...

(→続きを読む)

Tさんの夫は仕事ばかりで家庭を顧みず、家の事は全てTさんに任せきりでした。 そういったすれ違いが原因で別居が始まり、1ヶ月が経った頃Tさんは離婚を切り出しました。 しかし夫は断固拒否したため、困ったTさんは弁護士に相談しました。 弁護士がついたことで夫も納得し、協議離婚成立しました。 Tさんはとにかく早期の離婚を望んでいたため受任から1年のスピード解決でした。 また、夫はかなりの節約家で2000万...

(→続きを読む)

Aと夫は性格が合わず、夫から離婚の申し立てがありました。 Aさんは弁護士に相談し、4歳になる子供の親権と共有財産である品川のマンションの売却益の7割(2300万円)を条件に離婚しました。...

(→続きを読む)

ご依頼の直後に、妻が小学生の子供2人を連れて家を出て別居。 明確な離婚原因はなく、当初夫は離婚を拒否。 夫との協議の結果、子供二人の親権者は妻。 養育費として、夫は、子供2人がいずれも20歳になるまで2人分合わせて年間120万円、その他に入学金や入院費などの一時的費用を負担し、財産分与として500万円を支払うことを約束。面接交渉は、月2回程度。 年金分割の合意も含め、公正証書を作成しました。 ...

(→続きを読む)

妻が夫のモラルハラスメントを主張し、2歳の子供を連れて実家に戻り、離婚請求。 親権者を妻とし、解決金120万円、年金分割に合意して離婚成立。 受任から離婚成立まで3カ月。 ...

(→続きを読む)

夫と妻とでけんかになった末に、妻が夫をナイフで刺してしまった。 夫妻には成人間近の子供がいたが離婚することになり、その交渉の際に「ナイフで刺したことへの慰謝料」と「子供の親権」を交渉材料として、最終的に慰謝料0円とすることができた。 ...

(→続きを読む)

妻が子供を連れて実家に戻り離婚を求めて調停申立。 親権者を妻とし、夫から妻に対し、養育費として1ヶ月3万円を支払い、面接交渉は、月1回程度とし、妻と夫の指定する場所で交互に行うことで合意が成立。 このケースでは、妻が夫に対し、解決金200万円を支払うことで離婚が成立。 受任から離婚成立まで5カ月。 ...

(→続きを読む)

夫の暴力を理由に別居を開始して2年後に、妻が離婚調停を申し立てたが、夫が離婚に応じないため、当面の間別居するとの調停成立。 別居開始して8年後、夫が離婚に応ずる可能性が低いため、再度離婚調停を申し立てることはせず、直ちに離婚訴訟提起。 第1回期日に出廷した夫との間で、子供の親権者を妻とし、年金分割の合意を定めて協議離婚成立。 受任から離婚成立まで6カ月 ...

(→続きを読む)

夫の暴力を理由に2人の子供を連れて実家に戻って別居を開始した妻が、5年後に離婚調停を申し立て。 夫が離婚を拒否するため、不成立。 当事務所に離婚裁判を依頼。 その結果、2人の子供の親権者を妻とし、夫が妻に対し、養育費として、子供が20歳となるまで各2万円、解決金として100万円を支払うことで和解離婚が成立。 さらに和解調書には、上記養育費の他、夫が妻に、2人の子供の小学校入学、中学校入学、高校...

(→続きを読む)

コンテンツメニュー