• 住宅ローン問題を最小化して和解離婚を成立させた事例

検索結果

検索条件:住宅・不動産
内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) 夫が2人の女性と不貞をしている可能性が高いが、証拠が薄い(それらしきメールと、家への宿泊の調査報告書)。夫婦で連帯債務の住宅ローンを負っており、600~800万円程度のオーバーローン。依頼者は、離婚後に債務を負い続けることに難色を示しており、この点の調整が最大の懸案。 事務所の活動 訴訟。 事務所が関与した結果 "夫側に複数金融機...

(→続きを読む)

内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) 離婚原因:性格の不一致(夫が主張する原因)、夫の不貞行為(妻が主張する原因。決定的な証拠なし)同居期間:約17年別居期間:受任時点で約4年半最大の争点:婚姻費用分担調停においては夫の年収額(副業や家賃収入の有無)、離婚調停においては住宅ローン借り換えの可否と解決金の金額" 事務所の活動 ・妻が既に離婚調停を申立済みだったため、第2回期日から代...

(→続きを読む)

内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) 性格の不一致,同居期間7年,別居期間なし(同居のまま離婚調停)争点:財産分与(所有不動産の処遇) 事務所の活動 妻より離婚調停の申立てがされたとのことで,受任。調停における対応を行った。 事務所が関与した結果 離婚については応ずる方向で条件を調整した。最終的に所有不動産を売却し,売却益を分配するという内容で調停成立。 解決の...

(→続きを読む)

内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) 離婚原因は、性格の不一致。夫(相手方)は、15年ほど前に妻(依頼者)のいる自宅から出て行っており、仮に訴訟となった場合には婚姻を継続し難い重大な事由が認定される可能性が濃厚であった。争点は、離婚する際の財産分与や解決金といった金銭支払の有無及びその額であった。 事務所の活動 当職からは、依頼者(妻)に対し、訴訟となった場合には、夫(相手方...

(→続きを読む)

Aさんと夫は性格の不一致が原因で離婚しましたが、夫は離婚原因はAさんが専業主婦にならずに職に就いたことだと主張していました。 両者ともも結婚には納得していましたが、問題は養育費でした。 夫は当初、養育費を払えないと主張していました。 さらにAさんは共有財産であるマンションの頭金の1000万円を払っていたのでそれを返して欲しいと要求しましたが 夫はそれも拒否しました。 しかし弁護士が裁判をほの...

(→続きを読む)

夫からの調停申し立てがあり代理人同士で話し合いの調停期日までに解決しました。Dさんの主張は早期の離婚と相場より高めの養育費だったので、財産分与を譲る代わりに高めの養育費をもらうことで決着しました。 ...

(→続きを読む)

Eさんの夫は共有財産である不動産収入の1/3をEさんに渡す約束をしていました。 最初のうちはきちんと払っていたのですが、夫の不倫と暴力が原因で別居するようになってからは支払いが全く無くなってしまいました。 収入が無くなり困ってしまったEさんは弁護士に相談し、婚姻費用を請求したところ、算定規準の婚姻費用に加えて不動産収入の1/3の支払いを受けることになりました。 ...

(→続きを読む)

Tさんの夫は仕事ばかりで家庭を顧みず、家の事は全てTさんに任せきりでした。 そういったすれ違いが原因で別居が始まり、1ヶ月が経った頃Tさんは離婚を切り出しました。 しかし夫は断固拒否したため、困ったTさんは弁護士に相談しました。 弁護士がついたことで夫も納得し、協議離婚成立しました。 Tさんはとにかく早期の離婚を望んでいたため受任から1年のスピード解決でした。 また、夫はかなりの節約家で2000万...

(→続きを読む)

Yさんの夫は職場の女性と不倫をしていました。 不倫が発覚しショックを受けたYさんは、弁護士に相談して離婚を申し立てました。 夫からは3500万円の価値のある不動産貰うことを条件に、不倫相手からは150万円の慰謝料を貰うことを条件に離婚しました。 夫とは協議離婚で、不倫相手への慰謝料請求は裁判で解決しました。...

(→続きを読む)

Zさんの夫は急に「独身になって人生をやり直したい」と言い出しました。 どうしていいかわからないAさんは弁護士に相談しました。 最初は戸惑っていたAさんですが弁護士に相談する内に離婚に踏み切る決心をし、不動産と預貯金あわせて5000万円相当の財産分与を受けることを条件に離婚しました。...

(→続きを読む)

Aと夫は性格が合わず、夫から離婚の申し立てがありました。 Aさんは弁護士に相談し、4歳になる子供の親権と共有財産である品川のマンションの売却益の7割(2300万円)を条件に離婚しました。...

(→続きを読む)

Bさんは性格の不一致が原因で夫に離婚を切り出しました。 夫は離婚には消極的でしたが弁護士の交渉によって離婚を受け入れました。 財産である不動産、株式、預貯金合わせて3800万円相当のうちの半分の1600万円の支払いを受け早期に協議離婚が成立しました。 ...

(→続きを読む)

コンテンツメニュー