• 夫から任意の支払いを取り付けた事例

検索結果

検索条件:退職金|解決事例
内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) 離婚原因:夫の不貞(但し、慰藉料の前渡しあり)、同居期間:約19年、別居期間:約5年、争点:夫の実家が代々行っていた会社に夫が取締役として稼働していたが、会社を身売りすることとなり、退職金が受給された。その退職金の分与対象財産性及び寄与割合) 事務所の活動 調停、訴訟。判決確定後、夫の親に手紙を発送。 事務所が関与した結果 夫の退...

(→続きを読む)

内容(離婚原因、同居期間、別居期間、最大の争点) 離婚原因:性格の不一致、同居期間:約4年、別居期間:約半年、最大の争点:解決金の金額(依頼者は、夫に一方的に離婚を突き付けられたという思いが強く、気持ちを反映させた解決金の金額を所望) 事務所の活動 "当初、相手方本人を呼び出し、面談を3回ほど行い、婚姻費用を決める。その後、相手方に代理人が就任、代理人間で離婚協議を行う。年金分割に関し、...

(→続きを読む)

Jさんの夫はMRと言う職業柄もあり、客との付き合いが多く浪費家でした。 退職直前になって夫が破産し、さらにキャバクラの女性と不貞していたこともあって、夫から離婚の要求がありました。 当初夫の出した条件は婚姻費用は払えないので解決金300万円支払うから離婚したいとのことでしたが弁護士による交渉の末、 解決金500万円で離婚成立しました。しかし、夫はすぐに500万円を支払う事は難しいということなので退...

(→続きを読む)

コンテンツメニュー