• 財産分与よりも早期の離婚を優先させた事例

検索結果

検索条件:専門職
Sさんと夫は性格の不一致が原因で結婚から3年目で別居し、それから3年半もの間別々に暮らしていました。 過去にSさんが不貞を疑われて調停がありましたが、離婚は成立していませんでした。 Sさんは早期の離婚を望んでいたため、弁護士に相談し離婚を申し立てました。 最終的に訴訟の中で和解し、300万円の財産分与の支払いを受けました。...

(→続きを読む)

Tさんの夫は仕事ばかりで家庭を顧みず、家の事は全てTさんに任せきりでした。 そういったすれ違いが原因で別居が始まり、1ヶ月が経った頃Tさんは離婚を切り出しました。 しかし夫は断固拒否したため、困ったTさんは弁護士に相談しました。 弁護士がついたことで夫も納得し、協議離婚成立しました。 Tさんはとにかく早期の離婚を望んでいたため受任から1年のスピード解決でした。 また、夫はかなりの節約家で2000万...

(→続きを読む)

コンテンツメニュー