• モラハラ(モラルハラスメント)とは

モラルハラスメントの
被害者の方へ

モラルハラスメント(モラハラ)の被害を受けている方は、一人で我慢せずに専門家にご相談ください。丸の内ソレイユ法律事務所では経験豊富な弁護士が対応しますので、安心してご相談いただけます。

モラハラ(モラルハラスメント)の被害者の方へ

モラハラとは簡単に言うと、家庭内におけるいじめのようなものです。
具体的には、精神的暴力や嫌がらせのことを指し、モラハラを行う夫はモラハラ夫と呼ばれます。
ドメスティックバイオレンス(DV)とは違い、実際に暴力を振るわけではないのですが、言葉や行動、態度によって相手に精神的苦痛を与えます。

当事務所にご相談に来られる方の中にも、モラハラの被害者が多くいらっしゃいます。実際にモラルハラスメントの被害を受けている方達のお話を聞くと、ご自身では被害を受けていることに気付かなかったという方がとても多くいらっしゃいます。本や雑誌のコラムを読んだり、知人・友人から話を聞いたりして、「まさにうちの夫のことだ!」と自分が被害者であることに気づく方が多いようです。

モラハラ(モラルハラスメント)夫の典型的なパターン

  1. 「誰のお陰で生活できていると思っているんだ」と言う
  2. 言い訳、反論をされると「俺がそうするようにしたお前が悪い」となんでも人のせいにしてくる
  3. 妻の前でため息や舌打ち、支配的な態度に出る
  4. 無視をする
  5. 出された食事が気に入らないと、それを食べずに手をつけない
  6. 「こんなことも分からないのか?」といった上から目線の発言をする
  7. 生活費を入れない

上記の項目に一つでも当てはまった場合、モラハラ被害を受けている可能性があります。

モラハラになりやすい夫婦関係として、年の差結婚があげられます。年が離れた結婚の場合、結婚前から主従関係が出来てしまっているので、夫の意見を受け入れ過ぎてしまう傾向にあります。その結果、自分の判断軸がなくなり、モラハラ被害者になってしまうケースが多いので、年の差夫婦や上司と部下の結婚は気をつけてください。

モラハラ被害者の心理

モラハラの心理図モラハラの被害者は基本的に優しい人が多いです。また、争いを好まない性格の人が多く、夫の意見に疑問を抱きながらも結婚生活を平穏に築くために相手の気持ちをすべて受け止めてしまいます。その態度にモラハラ夫は、「この人は何を言っても大丈夫だ」と認識し、言葉の暴力がエスカレートしていくのです。

モラハラの被害にあうと、どんどん夫との2人の世界に引き込まれてしまいます。モラハラ被害者は夫のルールと世界のルールとが違うという認識がないため、夫に否定をされると、自分の意見は間違っていると思い込んでしまい、何をするにしても、自分で判断をする軸がなくなってしまいます。被害が深刻化すると、小学生でも解決できるような問題が起きても、一人で解決が出来なってしまうこともあります。

そもそも、弁護士に相談すること自体、夫のルールに反することなので、抵抗を感じてしまっている人がほとんどです。仮に、たとえ離婚できたとしても精神的な自立が難しく、うつ病や不安症になり、自分の判断軸を持てるようになるまでに何年もかかってしまうこともあります。
モラハラ被害者は世の中のルール=夫だと思い込んでいますが、決してそんなことはありません。世の中のルールは法律で定められています。まずは、その枠組みの中からご自身を解放させなくてはなりません。

一人で悩まず、まずはご相談ください。

モラハラ被害者にならないために

夫婦円満を思うと、相手に対して共感を示すことは非常に重要です。しかし、相手の言うことをすべて受け入れれば良いということではありません。「共感と自分の意見を述べる」ということを使い分けることが重要です。
相手の意見を受け止めることは重要ですが、間違った主張や過度な要求に対しては、きちんと反論をしなければなりません。ここがモラハラの被害者にならないための大きな分かれ道です。

我慢せずにまずご相談ください

モラハラの被害者の多くは「私が間違っている」「私が悪い」と思って我慢しています。まずは自分が被害者だということに気付くことが重要です。

モラハラはどんどんエスカレートしていきますし、被害者の方は我慢していてもそれが苦痛となってしまいます。しかも、モラハラが治る可能性はとても低いのが実際です。当事務所にはモラハラで悩まれている多くの方がご相談に来られます。一人で悩まずにまずはご相談下さい。

モラルハラスメントに関する解決事例はこちら

お客様からいただいた感謝のお声

<p class="mt30"><a href="/contact/"><img class="mb30 pc opacity" src="http://www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_banner.jpg" alt="離婚・男女問題のご相談は丸の内ソレイユ法律事務所へ フォームはこちら お電話 03-5224-3801 受付時間 9:00~18:00(土日祝日応相談)" /></a></p> <h2><span>弁護士法人</span>丸の内ソレイユ法律事務所の特徴・強み</h2> <p><img class="mb30" src="http://www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_features_small.jpg" alt="1.離婚事件の圧倒的な実績 2.東京駅徒歩4分の好立地 3.メディア実績多数の有名事務所 4.男性女性弁護士が在籍" data-src698="http://www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_features.jpg" /></p> <h2 class="h2_new_bg mt30"><span>弁護士法人</span>丸の内ソレイユ法律事務所について</h2> <ul id="menu-content-menu" class="clearfix menu-items-num-8"> <li id="menu-item-35" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-35"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/office/">事務所紹介</a></li> <li id="menu-item-37" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-37"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/lawyer/">弁護士紹介</a></li> <li id="menu-item-38" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-38"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/charge/">料金・費用</a></li> <li id="menu-item-39" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-39"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/first/">はじめての方へ</a></li> <li id="menu-item-34" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-34"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/feature/">事務所の特徴</a></li> <li id="menu-item-33" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-33"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/access/">アクセス</a></li> </ul> <div id="top-footbnr" class="pc"> <div id="top-footbnr-wrap"> <div id="top-footbnr-bnr"><a href="/contact/"><img class="pc opacity" src="/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/foot_bnr.png" alt="" /></a></div> </div> </div>

アクセスマップ

離婚・男女問題のご相談は弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所へ フォームはこちら お電話 03-5224-3801 受付時間 9:00~18:00(土日祝日応相談)
コンテンツメニュー