• 交際相手が既婚者だった場合、慰謝料は請求できるのか?

交際相手が既婚者だった場合、慰謝料は請求できるのか?

交際相手が既婚者だった場合、慰謝料は請求できるのか?

 

当事務所がお受けする相談の中には、「交際相手が既婚者だと知らずにお付き合いをしていた場合、その交際相手に慰謝料は請求できますか?交際相手が既婚者だと知っていたら、交際などしていなかった。」という内容のものも多数あります。結論から言えば、慰謝料は請求できることもあります。

 

もう少し具体的にいうと、

「交際相手が既婚者だと知らなかった。交際相手が既婚者だったら交際などしなかった。」ということを証明できた場合、交際相手との性行為が交際相手によるあなたの性的自由に対する侵害と評価でき、慰謝料請求が認められる場合があります。

 

ただし、それぞれの状況により裁判での立証が困難なケースもありますし、逆に交際相手の配偶者から不貞行為を理由として慰謝料を請求されるケースもあるので、注意が必要です。

交際相手との関係が不倫関係であり、性行為が不貞行為と評価される場合、そのような関係は保護されません。つまり、裁判上、不貞関係であると評価されてしまえば、交際相手への慰謝料請求は認められません。

 

相談者の中には、

「慰謝料を取ることができなくてもいいから、交際相手の奥さんや勤務先に暴露したい」

「離婚させたい」「復讐したい」

などとおっしゃる方がいます。しかしながら、そもそも、弁護士は、私的な復讐に協力することはありません。

また、上記のような言動に出たことで交際相手の妻が不倫の事実を知ることとなり、被害者であったはずなのに加害者として逆に訴えられるというリスクもあるのです。

 

実際の裁判で慰謝料の請求が認められるかどうかは、

・どのようにして交際が始まったのかという経緯

・交際期間の長さ

・肉体関係はどのくらいあるのか

・独身であることを疑わせない証拠はあるのか

など、すべての事情を考慮して判断されることになります。

 

写真やメールのやりとり、二人の「思い出」は「証拠」になりうる

確かな証拠があるような場合は、比較的慰謝料の請求が認められるケースはありますが、そうでない場合には、「言った」「言わない」の水掛け論になることも多いです。

 

交際相手が結婚していたことを知らなかったという証明については、何が証拠になり、何が証拠として不十分かという判断は容易ではありません。

 

例えば、結婚が前提である婚活サイトや結婚相談所において、既婚者が独身と偽っていた場合には、交際相手が結婚していたことを知らなかったということを立証しやすいと考えられます。しかしながら、いわゆる合コンで出会った場合や出会い系サイトと呼ばれるサイトで知り合った場合、必ずしも、交際相手が結婚していることを知らなかったと立証するのは容易ではないでしょう。

また、交際が終わった時点で、相手が残した私物を捨ててしまったり、相手に送り返したりすることがあるかと思います。もし、慰謝料を請求するような裁判を考えているのなら、それらが証拠につながることもありますので、そのまま残しておいた方がいいでしょう。

 

さらに、残しておいた物についても、自分に不利になるかもしれないと考えて勝手に処分したり、なんらかの手を加えたりしてはいけません。自己判断で証拠を捨てたり隠したり、改ざんしたと裁判で判断されれば、慰謝料が認められないだけでは済まない場合もあります。

メールについても同じです。メールもすべてそのまま残しておいてください。あなたが削除したとしても、交際相手の送信履歴は残っています。また、交際について友人などとやりとりしていたメールも証拠になりますから保存しておいてください。

 

つまり、「あなたが本当に、交際相手が結婚していたことを知らなかった」のであれば、特別に何もせず、すべてをそのまま残しておけばいいだけなのです。

 

証拠が残っていないと思われる場合

 

「交際相手が既婚者だと知らなかった。交際相手が既婚者だったら交際などしなかった。」ということを証明できた場合、上述のように交際相手との性行為を性的自由に対する侵害と評価でき、慰謝料請求が認められる場合があります。しかし、それを立証する確実な証拠がない場合もあります。

例えば、交際相手は「結婚していることは話していた」と言ってくるもありますし、男性がよく使う言い逃れの手段としては「独身だとは言っていなかった」というものもあります。

本当のことは言っていないけれども、嘘はついていない、だましていたわけではないという論理です。さらには、「結婚していると気付かないほうが悪い」などと言ってくる男性もいるのです。

 

残念ながら、確かな証拠がない場合、何が真実かを証明することはとても困難になります。どのような経緯で交際が始まり、どのくらいの交際期間で、どのような交際をしていたのかということから考えて、相手は既婚者かもしれないと考えるのが妥当であるということになれば、慰謝料が認められないこともあります。

また、交際していた間に既婚者であると判明し、その後も交際を続けていた場合には、慰謝料は認められない可能性は高いでしょう。

 

男性が女性を訴えるケースも

 

あまり多くはありませんが、男性が交際していた女性を訴えるケースもあります。

つまり、女性の側が既婚者で、男性はその女性が結婚していると知らなかったというものです。理論上は、女性が被害者の場合と同じなのですが、被害者が男性の場合、女性の場合に比べて慰謝料は低くなる傾向があります。

 

  •                       *

 

不貞や不倫、男女関係のトラブルには、さまざまな事例があります。こうした問題についての知識があり、経験を積んだ弁護士でなければ適切なアドバイスも的確な対応もできないことがあります。恋愛・不倫・離婚問題に強い弁護士に依頼することが大切です。

 

<p class="mt30"><a href="/contact/"><img class="mb30 pc opacity" src="//www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_banner.jpg" alt="離婚・男女問題のご相談は丸の内ソレイユ法律事務所へ フォームはこちら お電話 03-5224-3801 受付時間 9:00~18:00(土日祝日応相談)" /></a></p> <h2><span>弁護士法人</span>丸の内ソレイユ法律事務所の特徴・強み</h2> <p><img class="mb30" src="//www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_features_small.jpg" alt="1.離婚事件の圧倒的な実績 2.東京駅徒歩4分の好立地 3.メディア実績多数の有名事務所 4.男性女性弁護士が在籍" data-src698="//www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_features.jpg" /></p> <p><a href="http://www.rikon-soleil.jp/choose/"><img src="http://www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/OB02.png" alt="" width="729" height="264" class="alignnone wp-image-4223 " /></a></p> <h2 class="h2_new_bg mt30"><span>弁護士法人</span>丸の内ソレイユ法律事務所について</h2> <ul id="menu-content-menu" class="clearfix menu-items-num-8"> <li id="menu-item-35" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-35"><a href="//www.rikon-soleil.jp/office/">事務所紹介</a></li> <li id="menu-item-37" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-37"><a href="//www.rikon-soleil.jp/lawyer/">弁護士紹介</a></li> <li id="menu-item-38" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-38"><a href="//www.rikon-soleil.jp/charge/">料金・費用</a></li> <li id="menu-item-39" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-39"><a href="//www.rikon-soleil.jp/first/">はじめての方へ</a></li> <li id="menu-item-34" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-34"><a href="//www.rikon-soleil.jp/feature/">事務所の特徴</a></li> <li id="menu-item-33" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-33"><a href="//www.rikon-soleil.jp/access/">アクセス</a></li> </ul> <div id="top-footbnr" class="pc"> <div id="top-footbnr-wrap"> <div id="top-footbnr-bnr"><a href="/contact/"><img class="pc opacity" src="/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/foot_bnr.png" alt="" /></a></div> </div> </div>
コンテンツメニュー