• 男性が離婚を有利に進めるためには?

男性が離婚を有利に進めるためには?

離婚というのは妻が有利だと言うと、反発する女性が多いかもしれませんね。
ですが、女性の方が離婚に有利なのは間違いない事実です。そのいい例になるのが親権についてです。父親が10歳以下の子どもの親権を主張したとしても、妻が親権を主張した場合には、正直圧倒的に父親は不利だと言えます。

 

逆に言いますと、女性が圧倒的に有利だということで、ひどい例を挙げますと、妻が浮気をして離婚に至ったとしても、まだそれでも妻の方が親権争いにおいては有利となります。なので、親権と別れる理由というのは、母親が子どもを虐待でもしない限り、あまり関係ないと言えるでしょう。
現実、こういった理不尽な事で泣いている男性は多いです。そして、親権というのは本当にちゃんと弁護士などによって調査して欲しいと言っている男性は多いです。弁護士がちゃんと調査すれば信頼出来るという事でしょう。

 

ですが、母親の観点から言いますと、よっぽどひどい場合以外は、母親の方が小さい子供の世話をするのには向いているので、その常識は昔と変わっていないので、親権に対して母親の方が圧倒的に有利なのは変わっていません。
さらに、面接の交渉を求める場合でも、男性より女性の方が少し有利な審判が下される事が多くなっています。
やはり、女性というのは男性より弱いという認識がまだあり、保護しなければいけないという見方がありとあらゆるところであるようですね。

 

ですが、考えてもみて下さい。
現代社会では女性の自立が進んでおり、また同時に男性の女性かが進んでいます。
女性って本当に弱いのでしょうか?男性が逆に弱くなっていて、その分女性がどんどん強くなっていると言えるのでは?
なのに、法的に女性はかなり保護されていますよね。

 

他にも、最近やっと変わったのが児童扶養手当だと言えます。
児童扶養手当は以前は母子家庭にしか出されていませんでしたが、現在では父子家庭にも支給されるようになっています。これが典型的な例だと言えるのではないでしょうか。
その他にも、細かい事を言いますと、女性は男性に比べて有利な事が多いと言えるでしょう。

 

 

 

このように、法的にも制度的にも離婚に関して言えば、女性が有利だと言えるでしょう。
制度とは話が違うのですが、もし専業主婦であったなら、夫が昼間外で働いているうちに、子どもを連れて全財産を持って実家に戻ってシャットアウトする事だってできますよね。

 

そうなると、親権は女性にますます有利になるでしょう。
もちろん、女性であってもフルタイムで働いている人だっていますが、専業主婦やパートタイマーの女性であったら、夫が働いているすきにこっそりと分からないように離婚の準備が出来ます。こういった状況が多い点も、女性が離婚に有利だと言えるのではないでしょうか。

 

また、女性がその過程の財産を管理しているのが多いのは事実です。
そういった場合には、夫は家庭の財産状況を把握していない場合が多いです。ですので、妻は離婚を決めた時に財産を隠す事もできます。
男性はこのような事がないように、事前に弁護士などに相談しておくのがいいかも。
弁護士なら公平に別れられるようにアドバイスしてくれる事でしょう。

 

 

 

次に、養育費について書いてみたいと思います。
養育費というのはたった1万円違うだけでも、年間で12万円、10年ですと120万円も違ってきます。
一般的な家庭の離婚の場合、もっとたくさんの金額が動く事になるでしょう。

 

ですので、養育費というのは男性であっても一円でも安くしたいと思うに決まっています。ですが、こういったマニュアルというのは女性用ばかりですよね。
マニュアルだけでなく、ドメスティックバイオレンスの認定に関しても男性が圧倒的に不利となっています。
最近では離婚の際に、ドメスティックバイオレンスをする妻が増えていますが、女性が夫からドメスティックバイオレンスを受けている手続きをすれば簡単に認定されるのに、夫の場合はそういう事がありません。
ひどい場合ですと、女性は離婚を有利にするため、ドメスティックバイオレンスを実際にはないのにでっちあげる事も可能です。また、そういうケースは実際に多いようです。

 

さらに、女性ならシェルターや相談所などの相談窓口はたくさんありますが、男性用はあまりないですね。
こう見てきますと、女性の方が圧倒的に男性より有利だと言えるでしょう。
なので、男性は有利に別れるために、弁護士などのプロの法律家に相談するのがいいでしょう。弁護士なら少しは有利に別れられるように取り計らってくれるでしょう。

 

 

 

<p class="mt30"><a href="/contact/"><img class="mb30 pc opacity" src="//www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_banner.jpg" alt="離婚・男女問題のご相談は丸の内ソレイユ法律事務所へ フォームはこちら お電話 03-5224-3801 受付時間 9:00~18:00(土日祝日応相談)" /></a></p> <h2><span>弁護士法人</span>丸の内ソレイユ法律事務所の特徴・強み</h2> <p><img class="mb30" src="//www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_features_small.jpg" alt="1.離婚事件の圧倒的な実績 2.東京駅徒歩4分の好立地 3.メディア実績多数の有名事務所 4.男性女性弁護士が在籍" data-src698="//www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_features.jpg" /></p> <p><a href="http://www.rikon-soleil.jp/choose/"><img src="http://www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/OB02.png" alt="" width="729" height="264" class="alignnone wp-image-4223 " /></a></p> <h2 class="h2_new_bg mt30"><span>弁護士法人</span>丸の内ソレイユ法律事務所について</h2> <ul id="menu-content-menu" class="clearfix menu-items-num-8"> <li id="menu-item-35" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-35"><a href="//www.rikon-soleil.jp/office/">事務所紹介</a></li> <li id="menu-item-37" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-37"><a href="//www.rikon-soleil.jp/lawyer/">弁護士紹介</a></li> <li id="menu-item-38" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-38"><a href="//www.rikon-soleil.jp/charge/">料金・費用</a></li> <li id="menu-item-39" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-39"><a href="//www.rikon-soleil.jp/first/">はじめての方へ</a></li> <li id="menu-item-34" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-34"><a href="//www.rikon-soleil.jp/feature/">事務所の特徴</a></li> <li id="menu-item-33" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-33"><a href="//www.rikon-soleil.jp/access/">アクセス</a></li> </ul> <div id="top-footbnr" class="pc"> <div id="top-footbnr-wrap"> <div id="top-footbnr-bnr"><a href="/contact/"><img class="pc opacity" src="/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/foot_bnr.png" alt="" /></a></div> </div> </div>
コンテンツメニュー