tel.03-5224-3801

電話受付時間 9:00〜18:00 土日祝休

{ オンライン面談実施中 }

SOLEIL

MENU OPEN

Result

解決事例

人気記事ランキング

1 夫のモラハラが原因で離婚した事例

夫のモラハラが原因で離婚した事例

2 裁判から弁護士に依頼して有利な条件で離婚した事例

裁判から弁護士に依頼して有利な条件で離婚した事例

3 夫が妻の精神的暴力を理由として離婚請求した事例

夫が妻の精神的暴力を理由として離婚請求した事例

ご依頼者様の声

離婚弁護士コラム

有責配偶者の離婚請求をスピード解決させた事例

プロフィール

妻

年齢
30代
夫

(依頼者)

年齢
30代
原因
ネットの出会い系アプリを通しての不倫

ご依頼の経緯

夫婦二人とも30代前半。婚姻期間は3年未満で別居が半年ほど。有責配偶者である男性側が離婚をしたいということで相談に来所した。

有責の内容としては、ネットの出会い系アプリを通して、不倫の事実が1度だけあった。

当事務所の対応

依頼者側は、2、3週間で離婚が成立すると考えていたため、極端な早期解決を目指していた。
当事務所としては、具体例を挙げつつ、離婚にかかる時間の相場を伝えて納得してもらいながら、協議を進行。
スピード解決をしたいという依頼者の要望を常に意識し、代理人を経由しないで済む事務手続きなどは本人同士でしてもらうことにするなど、時間を短縮させるように心がけた。
ご依頼前ご依頼後
慰謝料の減額 慰謝料の額としてはおよそ200万円を想定していた。 最終的には150万円の支払いで終了。さらに月一回の面会交流をとりつけた。

オンライン面談実施中