tel.03-5224-3801

電話受付時間 9:00〜18:00 土日祝休

SOLEIL

MENU OPEN

期間限定キャンペーンバナー
期間限定キャンペーンバナー
Result

解決事例

人気記事ランキング

1 同居しながら離婚調停を行っていた事例

同居しながら離婚調停を行っていた事例

2 夫のモラハラが原因で離婚した事例

夫のモラハラが原因で離婚した事例

3 弁護士が介入したことでわずか2週間で早期解決した例

弁護士が介入したことでわずか2週間で早期解決した例

ご依頼者様の声

離婚弁護士コラム

公正証書に相手方の希望する文言を入れて離婚に合意した例

プロフィール

妻

(依頼者)

年齢
50代
職業
専業主婦
夫

年齢
50代
子供

子供

2人

ご依頼の経緯

単身赴任の夫に対する不信感、性格の不一致などから離婚をしたいと考えたご依頼者(女性)が、現在住んでいる自宅(ローンあり)と、子供の養育費、財産分与などを相談に来所。

当事務所の対応

夫は当初は離婚を拒否。代理人を付けていなかった。
別居した際の婚姻費用などを提示、メールなどで頻繁に当事務所弁護士が交渉した結果、
相手方が希望する「一方的な強い希望により離婚」という文言を盛り込んだ公正証書を作って離婚を成立させた。
相手方も賢い話の分かる方だったので、自身の支払い額などを鑑み、離婚に同意。

月額20万円の養育費、
1500万円の財産分与となった。
ご依頼前ご依頼後
財産分与 ローンあり持ち家に住み続けたいがどうなるか不安 ローンの支払いは相手方、現住居に子供と依頼者が住み続けることで合意
養育費 子供2人が私学に通っているために教育費に不安あり 養育費 2人で月額20万円で合意

解決のポイント

相手方は、あくまで自分は離婚したくなかったということを公正証書に残したいと希望。
(依頼者からの)「一方的な強い要望により」という文言を盛り込むことで合意した。

女性の初回相談60分無料