tel.03-5224-3801

電話受付時間 9:00〜18:00 土日祝休

SOLEIL

MENU OPEN

期間限定キャンペーンバナー
期間限定キャンペーンバナー
Result

解決事例

人気記事ランキング

1 同居しながら離婚調停を行っていた事例

同居しながら離婚調停を行っていた事例

2 夫のモラハラが原因で離婚した事例

夫のモラハラが原因で離婚した事例

3 弁護士が介入したことでわずか2週間で早期解決した例

弁護士が介入したことでわずか2週間で早期解決した例

ご依頼者様の声

離婚弁護士コラム

同居しながら離婚調停を行っていた事例

プロフィール

妻

(依頼者)

年齢
50代
職業
専業主婦
夫

年齢
50代
職業
会社員
子供

子供

2人

原因
夫が不貞、夫からの離婚申立て
争点
依頼者は当初は離婚に応じるつもりはなく、復縁を望んでいた。離婚後の子供の教育費や自宅不動産の財産分与が争点となった。
解決方法
調停

ご依頼の経緯

同居したままのご夫妻の離婚相談。
妻はできることなら離婚は避けたかったが、そこまで強く復縁を望む状態でもなかった。
実際、「どうしたらいいか、自分でもわからない」という状況で事務所にご相談にいらした。

当事務所の対応

離婚と婚姻費用の調停。お互い同居中だったため、自宅から裁判所に出向くという状況でした。
家庭内別居状態だったとのことですが、調停の日やその翌日は同じ空間に当事者がいるとトラブルになりやすい傾向があるため、そこは注意していただくようにお願いしました。

当初、依頼者(女性)は離婚に応じるつもりはなかったため、
「別居して婚姻費用をもらいながら離婚には応じない」という選択肢もありましたが、
離婚した場合の経済的利益などを説明。
また、お子さんの教育費についても支払いをしてもらう条件面などを盛り込み、調停成立。
ご依頼前ご依頼後
不動産売却による財産分与 専業主婦で離婚後の生活が不安だったため、どのくらいのお金を入手できるかわからなかった 自宅不動産の環境が良く、財産分与対象である不動産が売却できたことにより、まとまったお金を手に入れることができた。

女性の初回相談60分無料