tel.03-5224-3801

電話受付時間 9:00〜18:00 土日祝休

{ オンライン面談実施中 }

SOLEIL

MENU OPEN

Result

解決事例

人気記事ランキング

1 裁判から弁護士に依頼して有利な条件で離婚した事例

裁判から弁護士に依頼して有利な条件で離婚した事例

2 夫の単身赴任のため、10年以上別居していた夫婦の事例

夫の単身赴任のため、10年以上別居していた夫婦の事例

3 別居後7年経過して夫が離婚調停を申し立てた事例

別居後7年経過して夫が離婚調停を申し立てた事例

ご依頼者様の声

離婚弁護士コラム

浮気性の夫の不貞相手に対し、慰謝料を獲得した例

プロフィール

妻

(依頼者)

年齢
40代
職業
専業主婦
夫

年齢
40代
職業
会社員
子供

子供

未成年の子供1人

原因
10年以上におよぶ夫の職場内不貞
離婚請求
あり
争点
夫の不貞による離婚請求と慰謝料請求
解決方法
200万円の慰謝料獲得

ご依頼の経緯

結婚生活10数年にもおよぶ職場での不倫関係の継続により、依頼者である妻側が精神的苦痛を受けたとして慰謝料を申し立てた。

当事務所の対応

依頼者側の主張する不貞の証拠が確たるものではなく、夫の女性関係について追及を受ければ弱いと思われる部分があったため、できるだけ裁判に持ち込まないようにとしていたところ、相手方からも裁判にはしたくないという意思が伝わってきていたので、協議での解決を心がけた。

妻側も、かなり感情的になっており、夫の社会的立場を危うくしかねない状態だったため、「名誉毀損で訴えられたら、こちらの慰謝料請求という正当な権利すらだめになりかねない」と何度も説得し、双方合意で解決。

オンライン面談実施中