tel.03-5224-3801

電話受付時間 9:00〜18:00 土日祝休

{ オンライン面談実施中 }

SOLEIL

MENU OPEN

Result

解決事例

人気記事ランキング

1 別居後7年経過して夫が離婚調停を申し立てた事例

別居後7年経過して夫が離婚調停を申し立てた事例

2 夫の単身赴任のため、10年以上別居していた夫婦の事例

夫の単身赴任のため、10年以上別居していた夫婦の事例

3 夫のモラハラが原因で離婚した事例

夫のモラハラが原因で離婚した事例

ご依頼者様の声

離婚弁護士コラム

プロフィール

妻

年齢
50代
職業
専業主婦
夫

(依頼者)

年齢
50代
職業
会社経営者
子供

子供

原因
さしたる離婚原因なし。強いて言えば性格の不一致。

ご依頼の経緯

同居約6年、別居約3年。
会社名義の不動産に妻が居住し続けていた上、依頼者の収入状況の把握が困難(申告と実態の乖離)、財産分与の対象財産も把握が困難(先方からは、同居中、意図的に自らの収入を少なくしており、その分が会社財産を構成しているのではないかとの指摘あり)
面会交流も長らく実施がされていなかった。

当事務所の対応

面会交流調停、離婚訴訟。

受任当初は、養育費月25万円、解決金500万円 であったが・・・
H26.7月ころに先方が不動産から自主的に退去(但し、初期費用として当方は100万円を支払う)
H26.9に概ね以下ととおりで和解成立。
① 親権者:妻、②養育費:月10万円、③解決金:90万円支払う、④面会交流:間接強制が可能な内容で決定(基本月2回)。

解決のポイント

離婚自体の認容の見通しが厳しい中で訴訟提起をした事案だったが、ある時期に、先方が婚姻関係に執着して財産を取得するよりも、さっさと離婚をして新しい生活を歩むという方針に転換させたように見受けられた(依頼者によれば、別の男性ができたのかもしれないとのことだが・・・)。

その機に乗じたため、離婚条件を比較的低廉に抑えることができたように思われる。



オンライン面談実施中