tel.03-5224-3801

電話受付時間 9:00〜18:00 土日祝休

{ オンライン面談実施中 }

SOLEIL

MENU OPEN

Result

解決事例

人気記事ランキング

1 別居後7年経過して夫が離婚調停を申し立てた事例

別居後7年経過して夫が離婚調停を申し立てた事例

2 夫の単身赴任のため、10年以上別居していた夫婦の事例

夫の単身赴任のため、10年以上別居していた夫婦の事例

3 夫のモラハラが原因で離婚した事例

夫のモラハラが原因で離婚した事例

ご依頼者様の声

離婚弁護士コラム

財産分与よりも早期の離婚を優先させた事例

プロフィール

妻

(依頼者)

年齢
40代
職業
保育士
夫

年齢
40代
職業
郵便局職員
原因
性格の不一致

ご依頼の経緯

Sさんと夫は性格の不一致が原因で結婚から3年目で別居し、それから3年半もの間別々に暮らしていました。
過去にSさんが不貞を疑われて調停がありましたが、離婚は成立していませんでした。

当事務所の対応

Sさんは早期の離婚を望んでいたため、弁護士に相談し離婚を申し立てました。
最終的に訴訟の中で和解し、300万円の財産分与の支払いを受けました。



オンライン面談実施中