tel.03-5224-3801

電話受付時間 9:00〜18:00 土日祝休

SOLEIL

MENU OPEN

期間限定キャンペーンバナー
期間限定キャンペーンバナー
Result

解決事例

人気記事ランキング

1 同居しながら離婚調停を行っていた事例

同居しながら離婚調停を行っていた事例

2 夫のモラハラが原因で離婚した事例

夫のモラハラが原因で離婚した事例

3 弁護士が介入したことでわずか2週間で早期解決した例

弁護士が介入したことでわずか2週間で早期解決した例

ご依頼者様の声

離婚弁護士コラム

【国際離婚】イギリスにある不動産を財産分与した例

プロフィール

妻

(依頼者)

年齢
50代
職業
会社員
夫

年齢
50代
職業
会社員
子供

子供

1人

原因
長期の別居期間を経て、イギリス人の夫から離婚したいとの連絡あり
争点
離婚後も父親が子供に関わっていくことを依頼者は希望。また、訴訟ではなく、協議離婚を求めた。

ご依頼の経緯

依頼者は日本人女性、ご主人はイギリス人男性というご夫婦
長い別居期間を経て、夫側から代理人をたてて離婚を切り出してきたケースです。

通常の国内での離婚と異なり、財産分与の対象に「海外の不動産」が含まれる事案であり、
評価額が読めないという問題がありました。


当事務所の対応

協議で離婚したいという依頼者の希望を第一に考えました。
ご依頼前ご依頼後
離婚訴訟は避けたいという依頼者の希望 どうしても協議離婚で終えたい 依頼者の希望に沿って協議離婚。条件面は訴訟和解となりました。
財産分与の対象に含まれた海外の不動産 イギリスの不動産が対象だったため、評価額が読めず、財産分与の金額に不明点が多かった。 イギリスの不動産につき、評価額、売却時期、そして売却時の円相場(為替)によって金額が変化する案件。不動産評価を現地で取り、「今売ったとしたら」という状況でポンドを円換算した。
子供とのかかわり 同居期間中も父親は子育てに関わらなかったため、子供とかかわり続けるという文言を残したい。 和解調書に子供とかかわりを続けるという文言を盛り込み。

女性の初回相談60分無料