tel.03-5224-3801

電話受付時間 9:00〜18:00 土日祝休

{ オンライン面談実施中 }

SOLEIL

MENU OPEN

50代の離婚問題

Divorce

50代で離婚するかどうか
お悩みの方へ

50代になると「このまま、この夫と死ぬまで一緒で自分は幸せなのか」と疑問を感じるようになる方もいらっしゃいます。
熟年層になれば財産や年金など経済的な問題が付いてまわります。
経済的な要因と個人の望みを天秤にかけて離婚を検討される方にとって、離婚に詳しい弁護士への相談は少しでも有利な条件で離婚を進める手助けになります。

  • TOP
  • 50代の離婚問題

Reason

50代で多い離婚の理由

人生を見直す機に離婚を考える

子どもが自立し、世間体を考えて家族一緒に暮らす必要性を感じなくなってくると、我慢を続けて夫との生活を続けることに意義を見出せず、離婚を考える女性が少なくありません。
50代を迎えたことを機会に、個人として自立した生活を望む女性が離婚を考えることが多いようです。

性格や生活習慣の不一致

結婚生活が長期化し、夫の性格や生活習慣の違いから経済的な不安よりも結婚生活の継続を苦痛に感じ、離婚を決意されるケースです。
また、夫の定年退職を目前に控え、定年後に夫との生活を続ける代わりに新しい生活を望み、離婚を検討し始める女性も少なくありません。

モラハラ・DVに耐えかねて離婚を決意

夫からモラハラやDVによる身体的・精神的な暴力を受けてきた方が、耐えきれずに離婚を考えるケースになります。
モラハラは被害を受けている方に自覚がないケースもありますので、いつも夫の機嫌を伺っているなどモラハラの疑いを少しでも感じられている方は弁護士にご相談してみてください。

自分の幸せを取り戻すためには、
「覚悟」して「行動」できるかが
重要です。

50代で離婚を考える際には、離婚後の経済的な不安など離婚へ一歩踏み出すことを躊躇させる要素が多々あります。
しかし、開放感のある・自立した生活を手に入れるためには、そうした不安の中で離婚の成立に向けて一歩を踏み出すことが重要です。
その際、ご自身1人で不安に立ち向かう必要はありません。
弁護士の手を借りることで、離婚を有利に進められるだけでなく時間的・精神的な負担を軽減できることもあります。
ご自身の悩み、不安や心配を整理するためにも一度当事務所にご相談ください。

Voice

ご相談者様の声

家族一同、深く感謝しております。

50代 / 女性 / 子どもあり(成人)/ 専業主婦

家族一同、深く感謝しております。

先週の調停では遅くまでありがとうございました。
長かった調停も無事に終わり、家族ー同お二人の先生方には感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
今しばらくお世話になると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。最後までありがとうございます。
人生でこんなに人にお世話になったことはないと思う位お世話になりっぱなしでした。
両親とまた伺いたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

和ませてくれる空間で、頼もしい先生に対応していただきました。

50代 / 女性 / 子どもあり(成人)

和ませてくれる空間で、頼もしい先生に対応していただきました。

事務所というよりは、会社の応接ルームのようで、季節の花や絵が飾ってあり、相談に不安な気持ちで訪れた人を和ませてくれる空間でした。先生方は大変頼もしく、知識はもちろん、美しさも兼ね備えていて、大変お世話になりました。これからも弁護士事務所は「何かあったら気軽に相談ができる場所、人」ということを広めてほしいです。最初に相談に行ったときは、弁護士事務所は敷居が高く、ジュリアナ東京のお立ち台に上がるような思いでした(笑)

女性弁護士で話しやすかったです。

50代 / 女性 / 子どもなし

女性弁護士で話しやすかったです。

離婚後の生活を考えたうえで、財産分与が最大の問題だと思っていましたので、強い弁護士さんを探していました。ネットで、女性弁護士であること、離婚に強いということで相談に来ました。大変話しやすく、来てよかったです。有難うございました。

ご相談者様の声 一覧

Attention

50代で離婚するなら
注意した方がいいこと

お金のこと

貯金について

50代以上になるとある程度子供にお金が掛からなくなり、貯蓄が多くなる傾向があります。
夫が家計を管理している場合、給与明細を見たことのない方もいるようですので、財産分与をより多く得るために、退職金や役員報酬等、把握していない収入、貯金を調査する必要があります。

家・車について

50代以上になるとローンの支払いを終えている場合がありますので、できるだけ多くの家や車等の共有財産を発掘することがポイントとなります。
稀に妻の知らない趣味のためのマンションやガレージなど隠し財産がある可能性があるので調査が必要です。

保険について

離婚の際には生命保険を解約します。
中途解約の場合、「解約返戻金」が支払われますので、相手任せにはせずいくら払い戻しを受けるのか確認しましょう。

年金について

年金分割制度とは、将来夫が受け取る年金額の分割ではなく、婚姻期間中の厚生年金(あるいは共済年金)の保険料納付記録を分割する制度になります。相手方が分割に応じない場合でも審判の申立をすれば2分の1の審判がなされます。

子どものこと

親権・監護権について

裁判所が親権者を決めるポイントは、同居時にどれだけ子供の面倒を見ていたかになりますので、別居する前に主に子供の面倒を見ていたという状況を作ることがポイントです。
50代になると子供がある程度大きくなっている場合が多いので、面会交流は本人にどうするか決めてもらうのがよいでしょう。

養育費について

50代になると子供がある程度大きくなっている場合が多いので、将来かかる養育費の額が見えてくる時期です。
養育費請求よりも財産分与請求に注力することがポイントとなります。

私たちと一緒に明るい未来への一歩を踏み出しましょう

私たちと一緒に
明るい
未来への一歩を
踏み出しましょう

ご相談者様にとって最も不安な最初のご相談の際「心」と「頭」の両面にご満足いただけるようなご相談を目指しています。
離婚は単なる法律の知識だけで最良の解決を導くことはできません。ご相談者様のお話を丁寧に聞き、不安を取り除き「心」の満足を得ていただくことが必要です。しかし、丸の内ソレイユの弁護士は単なる「心理カウンセラー」「離婚カウンセラー」ではありません。法的な裏づけのある解決を目指さなければ、ご相談者様に真の満足をご提供することはできません。すなわち、ご相談者の「頭」も満足していただく必要があるのです。ご相談者様の「心」と「頭」両面の満足を目指す事務所は丸の内ソレイユ以外にはないと自負しています。

オンライン面談実施中