• 財産分与

相手名義の財産の把握が重要です

財産分与の交渉においては、相手名義の財産の把握が重要です。お互いがそれぞれ新しい道を歩んでいくためにも、経済面での清算をきちんと行いましょう。

弁護士先生

当事務所では、所得が高い方(その相手方)の相談、女性の方が年収が高い場合の相談、経営者・医師など専門職の方の相談など、多様なケースの離婚相談をお受けしてまいりました。これまでの経験から、個別事情に応じたアドバイスをすることができます。

財産分与とは

イメージ写真離婚する際には、それまでの婚姻生活の中で夫婦で築き上げてきた財産や所有物を夫婦間で分けることになります。一般的には、一方が他方に請求します。
これを「財産分与」と言います。財産分与の目的は、それまで夫婦が協力して築き上げてきた財産を公平に分配することです。
早く離婚したいという気持ちが強い場合には、十分な話し合いをせずに判断してしまう場合も多々見られますが、後になってもめないため、お互いがそれぞれ新しい道を歩んでいくためにも、経済面での清算をきちんと行いましょう。

財産分与の割合について

イメージ写真財産分与の割合は、実は、法律には書いてありません。法律には「当事者双方がその協力によって得た財産の額その他一切の事情を考慮して」決めるとされているだけです。

しかし、実務上は、「2分の1ルール」という原則が適用され、半分ずつ分けることになっています。

ホームページで財産分与について検索をすると、年収が高い方の離婚の場合、財産分与の割合が1/2にならないケースがあると書かれていることがありますが、そのようなケースは極めて少ないと考えて良いでしょう。年収が2000~3000万円を超す場合でも、かなりの確率で1/2ルールが適用されます。

ごく稀に、年収が1億円を超すような方の相談をお受けすることがございますが、そのような場合には、共有財産を分けるというような感覚ではなく、離婚を成立させるために、不動産や株などの財産、離婚に際しての慰謝料をいくら渡せばいいかという風に考えるケースがほとんどです。なので、財産分与の割合について激しく争うということはあまりありません。

どんな財産が分与の対象になるか?

財産分与の対象となる財産

  • 給与(会社勤務の場合)
  • 会社の売上(自営業の場合)
  • 土地や建物などの不動産
  • 家財道具や自動車
  • 預貯金

(共有財産)

共有名義のマイホームや自動車など結婚後に夫婦が協力して築いた共有名義の財産です。タンス貯金やへそくり、結婚後に購入した家財道具などもこれに含まれます。

(実質的共有財産)

預貯金、株、不動産、自動車など、結婚後に夫婦が協力して築いた財産のうち一方の名義のものです。離婚の際には、名義に関わらず、結婚期間中に夫婦が協力して築き上げてきた財産は分与の対象となります。

財産分与の対象とならない財産

(特有財産)

結婚前に築いた財産で、結婚前に貯めた預貯金や購入した家具などです。結婚後に親兄弟から贈与されたものや相続遺産などもこれにあたります。また、別居してから離婚した場合、別居時の財産を折半することになりますので、別居後に増えた財産については対象外になります。
注意すべきことは、結婚前に自分名義で持っていた不動産や預貯金なども、夫婦の共有財産としてみなされる可能性があるということです。詳しくは、当事務所の弁護士に聞いてみることをお勧めします。)

財産分与の計算方法について

財産分与の割合は、1/2ルールを原則として、夫婦それぞれの財産形成に対する貢献度によって決まるという考え方が取られています。ではどのようにして貢献度を決めるのでしょうか。

夫婦においては、夫が働いて得た収入で家計を支え、妻は家事に専念して生活を支えているという場合も多く見られます。夫婦共働きの場合にも、家事や子育てによって勤務形態が制限されるということもあるでしょう。

こういったことを考慮すると、財産形成に対して、どちらがどれだけ貢献したかを判断するのは非常に難しい問題です。そのため、それぞれの収入額だけではなく、家事労働も評価の対象とし、2分の1ルールは原則となってきたわけです。

財産分与の交渉におけるポイント

イメージ写真財産分与の交渉におけるポイントは、相手名義の財産がにどこにどれくらいのあるかを把握しておくということです。離婚を切り出した後、別居を開始した後では、相手に財産を隠される可能性があるため、正確に財産を把握することが難しくなります。

ですので、どれだけ感情的になっても、すぐに別居をしたり、離婚を切り出したりするようなことはせず、同居している間に相手名義の財産を把握することがポイントです。

特に、預貯金の把握のためには、正確な金額まではわからなくても、何銀行の何支店に預けているかを知る必要があります。給与明細を見たことがない、相手の貯金額がわからない、どこに貯金しているのかわからない方は、郵便物等を常日頃からチェックしておくことをおすすめします。

財産分与交渉の留意点

財産分与の留意点として、相手方の年収が高いからといって、受け取れる財産分与の額が高くなるとは限らないということです。なぜならば、たとえ収入が高くても、その分支出が多ければ、ストックとしての財産評価額が小さくなるので、想定よりも分与額が低くなってしまうということがあるからです。

また、財産分与は、分与の対象となる基準時にいくらあるかということで判断される(たとえば、別居が先行する場合には別居時が基準となるので、別居後に増えた財産は評価されないなど)ので、いつ財産分与の交渉をするかということも、非常に重要になります。

高所得者の方(もしくはその相手方)からのご相談を多数お受けしております。

弁護士先生

弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所の強み

当事務所では、所得が高い方(その相手方)の相談、女性の方が年収が高い場合の相談、経営者・医師など専門職の方の相談など、多様なケースの離婚相談をお受けしてまいりました。これまでの経験から、個別事情に応じたアドバイスをすることができます。

また、離婚を考えている段階、協議をしている段階からのご相談も積極的にお受けしています。交渉においては、できるだけ早いタイミングで弁護士に相談をし、その後の戦略を考えることが賢明です。まずは、離婚に詳しい当事務所の弁護士にご相談されることをお勧めします。

<p class="mt30"><a href="/contact/"><img class="mb30 pc opacity" src="http://www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_banner.jpg" alt="離婚・男女問題のご相談は丸の内ソレイユ法律事務所へ フォームはこちら お電話 03-5224-3801 受付時間 9:00~18:00(土日祝日応相談)" /></a></p> <h2><span>弁護士法人</span>丸の内ソレイユ法律事務所の特徴・強み</h2> <p><img class="mb30" src="http://www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_features_small.jpg" alt="1.離婚事件の圧倒的な実績 2.東京駅徒歩4分の好立地 3.メディア実績多数の有名事務所 4.男性女性弁護士が在籍" data-src698="http://www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_features.jpg" /></p> <h2 class="h2_new_bg mt30"><span>弁護士法人</span>丸の内ソレイユ法律事務所について</h2> <ul id="menu-content-menu" class="clearfix menu-items-num-8"> <li id="menu-item-35" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-35"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/office/">事務所紹介</a></li> <li id="menu-item-37" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-37"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/lawyer/">弁護士紹介</a></li> <li id="menu-item-38" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-38"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/charge/">料金・費用</a></li> <li id="menu-item-39" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-39"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/first/">はじめての方へ</a></li> <li id="menu-item-34" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-34"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/feature/">事務所の特徴</a></li> <li id="menu-item-33" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-33"><a href="http://www.rikon-soleil.jp/access/">アクセス</a></li> </ul> <div id="top-footbnr" class="pc"> <div id="top-footbnr-wrap"> <div id="top-footbnr-bnr"><a href="/contact/"><img class="pc opacity" src="/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/foot_bnr.png" alt="" /></a></div> </div> </div>
コンテンツメニュー