tel.03-5224-3801

電話受付時間 9:00〜18:00 土日祝休

{ オンライン面談実施中 }

SOLEIL

MENU OPEN

Result

解決事例

人気記事ランキング

1 別居後7年経過して夫が離婚調停を申し立てた事例

別居後7年経過して夫が離婚調停を申し立てた事例

2 夫の単身赴任のため、10年以上別居していた夫婦の事例

夫の単身赴任のため、10年以上別居していた夫婦の事例

3 夫のモラハラが原因で離婚した事例

夫のモラハラが原因で離婚した事例

ご依頼者様の声

離婚弁護士コラム

依頼者へ説得を成立させ、合意を成立させた

プロフィール

妻

年齢
40代
職業
会社員
夫

(依頼者)

年齢
40代
職業
医師
原因
妻からの離婚請求。妻が離婚を希望する理由は①夫のモラルハラスメント、②夫の過去の言動に関する職場内での悪い噂、のよう。
争点
離婚に伴う諸条件(金銭の支払いに関する条件ではなく、口外禁止等の条件)

ご依頼の経緯

同居期間は2か月弱。
別居期間は約2年。

当事務所の対応

相手方代理人や依頼者への説得。

【結果】
協議での合意成立。

解決のポイント

特になし。
双方とも離婚を望んでいたものの調停を申し立てる意思はなく、相手方はほとんど離婚条件に関する希望を妥協しなかったことから、協議で離婚を成立させるには依頼者が妥協するしかなかった。
最終的には、年内に協議で解決したいという依頼者の希望により、相手方の意向を強く反映した条件で離婚を成立させた。

オンライン面談実施中