tel.03-5224-3801

電話受付時間 9:00〜18:00 土日祝休

{ オンライン面談実施中 }

SOLEIL

MENU OPEN

Result

解決事例

人気記事ランキング

1 夫が妻の精神的暴力を理由として離婚請求した事例

夫が妻の精神的暴力を理由として離婚請求した事例

2 夫の暴力が原因で妻が子供を連れて実家に帰ってしまった事例

夫の暴力が原因で妻が子供を連れて実家に帰ってしまった事例

3 裁判から弁護士に依頼して有利な条件で離婚した事例

裁判から弁護士に依頼して有利な条件で離婚した事例

ご依頼者様の声

離婚弁護士コラム

財産分与の減額に成功した事例

プロフィール

妻

年齢
40代
夫

(依頼者)

年齢
40代
職業
会社員
子供

子供

争点
財産分与の金額及び子との面会交流

ご依頼の経緯

妻(相手方)が夫(依頼者)に対して、離婚を求めた事案。
双方、実質的に離婚には合意していたため、離婚原因はそれほど問題にならなかった。

当事務所の対応

財産分与に関しては、金額の減額に努めた。最も大きな財産は、自宅の土地建物で、段々と不動産価格が上がっていたこともあり、できるだけ早期に解決することに努めて、結果的に依頼者の把握していた金額よりも抑えた金額で合意をすることができた。

また、依頼者は、子との面会交流を望んでいたが、調査官調査により、子が面会交流を希望していないことが分かり(依頼者が精神病に罹患しており、その状況を子が見ていたため、子が依頼者と会うことを拒否したようであった。)、やむを得ず、間接交流(手紙、プレゼント、写真の送付)を内容とする調停を成立させた。

【結果】
財産分与に関しては、早期に解決できたため、金額的に有利な調停となった。

しかしながら、面会交流に関しては、精神病に罹患していたこともあり(調停時点では回復していた。)、子の依頼者に対する印象も悪かったためか、残念な結果に終わった。

解決のポイント

財産分与に関しては、早期解決を目指し、実現できたのが良かった。

面会交流については、やむを得なかったとはいえ、間接交流に止まったのは残念であった。

オンライン面談実施中