• 離婚調停を申し立てたい方へ(協議がまとまらない、話し合いにならない)

離婚調停を申し立てたい方へ(協議がまとまらない、話し合いにならない)

「相手が離婚の話し合いに応じてくれず、すぐに感情的になるので、とても困っている。」

「離婚条件についての対立が激しく、合意の目処が一向に立たない。」

夫婦関係がうまくいかずに夫と離婚をしたいと思っても、相手の同意がなければ、協議での離婚は成立しません。DVやモラルハラスメントを受けているような場合、話し合いの場を設定することすら難しいことも多いでしょう。

当事務所では、ケースバイケースであることはもちろんですが、協議で解決すべきと思われる案件については積極的に協議・交渉での解決を目指しています。しかしながら、中には早期に調停を申し立てた方が良いケースもあります。その際には、以下の点に注意をすると良いでしょう。

 

調停に移行した方が良いケース

・別居しているが、婚姻費用が支払われていない

法律上、夫婦は互いに扶養義務を負っているため、たとえ納得できない事情で別居が始まったとしても、夫婦双方の収入の多寡や子どもの監護状況等に応じて、一方が他方に対して、生活費(婚姻費用)を請求することができます。婚費を双方で「分担」するということなので、結果として収入の少ない方が収入の多い方に対して請求することになります。(なお、例えば、婚費を請求する側に不貞行為が認められた場合など一定の事情がある場合は、信義則上、生活費を請求できないということもあります)。

 

婚姻費用の請求に関しては、支払い義務が具体的に発生するのは別居を開始した時点となっていますが、実務上は婚姻費用分担調停の申立ての時期から支払義務を負うと理解されているため(双方が代理人を立てて、交渉が始まった時期の場合もあります)、別居後すぐに調停を申し立てる必要があります。別居開始時期と、婚姻費用分担調停申し立ての時期に間があった場合、その期間をさかのぼって請求することは難しいからです。

 

生活するお金に余裕がなければ、精神的に追い込まれ、相手と対等に交渉することは難しくなります。特に女性の場合、別居から離婚までの経済的な基盤を確立するためにも、すぐに弁護士に相談されることをお勧めいたします。

 

 

・相手が離婚に応じず、協議すること自体が困難な場合

離婚を切り出すタイミングにはポイントがありますが、相手が頑なに離婚に応じてこないケースも多いです。無理に交渉を続けることで、かえって相手の態度を硬直化させ、その後の手続きがスムーズにいかない場合があるので、第三者を交えた話し合いをするのが賢明でしょう。調停を申し立てた場合、家庭裁判所において調停委員という第三者が話し合いの補助・調整をしてくれます。

 

 

・相手が財産開示に応じてこない

離婚する際には、原則として夫婦の共有財産を半分に分けることになりますが、相手が財産を隠すことがあります。調停では、調停委員から財産の開示を要求されるため、今まで財産開示を拒んでいた相手も、心理的に財産開示に応じる可能性が高まります。なお、状況によっては、「調査嘱託」という手続きで強制的に情報を開示させることができる場合もあります。

 

 

・子どもの親権・監護権が争点になる

夫婦間では離婚の合意ができていても、子どもの問題で対立する場合、当事者間での解決は非常に難しくなりますので、第三者を交えた話し合いが必要でしょう。状況にもよりますが、家庭裁判所の調査官による調査やその報告書を通じて、親権や監護権の問題を話し合いで解決することができることもあります。

また、子どもが連れ去られてしまうリスクがある場合、調停手続きを取ることで相手方に対して心理的な抑制が働きます。

 

 

・相手と連絡が取りにくい、または、毎日しつこく連絡が来る

相手が連絡を無視する場合、調停を申立てて裁判所の手続きに乗せることで、反応を得られるケースもあります。逆に、毎日しつこい連絡が相手からきている場合、調停を申立てて裁判所を介することが、相手への抑止力となりえます。

 

 

調停を弁護士に依頼した方が良い理由

離婚調停とは、調停委員を介した裁判所での話し合いですが、弁護士(代理人といいます)をつけないと話し合いにおける法的な論点整理が不十分となったり、相手に代理人がついていて自分に代理人がついていない場合には法的知識や手続面で不利となったりする場合があります。

 

また、調停委員はあくまで話し合いを仲介する役割であり、代理人として協力してくれるわけではありません。当事者本人で調停を行ったとしても、感情的な面が先行して、本来の法的論点に関する話合いが遅れてしまうこともあります。

 

弁護士にご依頼されることで、依頼を受けた弁護士が法的な論点の整理を行い、話し合いをスムーズに進めることができます。

また、依頼された弁護士は、依頼者の有利になるように交渉していきますので、当事者本人が調停を行うよりは、有利な結果となることが多いと思われます。逆に、相手方に弁護士が就いている場合には、こちらも弁護士を就けて交渉をするのが無難でしょう。

 

調停では、調停委員に対してどのような印象を与えるか、話し合いを成立させるための交渉力等が重要になります。弁護士が入ることで、適宜、書面などで主張を整理して伝えるので、有利に進むケースが多いです。

 

当事務所では、離婚調停の豊富な実績がありますので、過去の経験に基づいて、依頼者の利益を最大化させるためのサポートをしています。まずは一度、弁護士にご相談されることをおすすめいたします。

<p class="mt30"><a href="/contact/"><img class="mb30 pc opacity" src="//www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_banner.jpg" alt="離婚・男女問題のご相談は丸の内ソレイユ法律事務所へ フォームはこちら お電話 03-5224-3801 受付時間 9:00~18:00(土日祝日応相談)" /></a></p> <h2><span>弁護士法人</span>丸の内ソレイユ法律事務所の特徴・強み</h2> <p><img class="mb30" src="//www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_features_small.jpg" alt="1.離婚事件の圧倒的な実績 2.東京駅徒歩4分の好立地 3.メディア実績多数の有名事務所 4.男性女性弁護士が在籍" data-src698="//www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/forwomen_features.jpg" /></p> <p><a href="http://www.rikon-soleil.jp/choose/"><img src="http://www.rikon-soleil.jp/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/OB02.png" alt="" width="729" height="264" class="alignnone wp-image-4223 " /></a></p> <h2 class="h2_new_bg mt30"><span>弁護士法人</span>丸の内ソレイユ法律事務所について</h2> <ul id="menu-content-menu" class="clearfix menu-items-num-8"> <li id="menu-item-35" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-35"><a href="//www.rikon-soleil.jp/office/">事務所紹介</a></li> <li id="menu-item-37" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-37"><a href="//www.rikon-soleil.jp/lawyer/">弁護士紹介</a></li> <li id="menu-item-38" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-38"><a href="//www.rikon-soleil.jp/charge/">料金・費用</a></li> <li id="menu-item-39" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-39"><a href="//www.rikon-soleil.jp/first/">はじめての方へ</a></li> <li id="menu-item-34" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-34"><a href="//www.rikon-soleil.jp/feature/">事務所の特徴</a></li> <li id="menu-item-33" class="menu-item menu-item-type-post_type menu-item-object-page menu-item-33"><a href="//www.rikon-soleil.jp/access/">アクセス</a></li> </ul> <div id="top-footbnr" class="pc"> <div id="top-footbnr-wrap"> <div id="top-footbnr-bnr"><a href="/contact/"><img class="pc opacity" src="/Fei6iasiefooru0Quov7phee9Pohrie4/wp-content/uploads/foot_bnr.png" alt="" /></a></div> </div> </div>
コンテンツメニュー