tel.03-5224-3801

電話受付時間 9:00〜18:00 土日祝休

{ オンライン面談実施中 }

SOLEIL

MENU OPEN

Result

解決事例

人気記事ランキング

1 夫が妻の精神的暴力を理由として離婚請求した事例

夫が妻の精神的暴力を理由として離婚請求した事例

2 夫の暴力が原因で妻が子供を連れて実家に帰ってしまった事例

夫の暴力が原因で妻が子供を連れて実家に帰ってしまった事例

3 裁判から弁護士に依頼して有利な条件で離婚した事例

裁判から弁護士に依頼して有利な条件で離婚した事例

ご依頼者様の声

離婚弁護士コラム

夫が妻の精神的暴力を理由として離婚請求した事例

プロフィール

妻

(依頼者)

年齢
40代
夫

年齢
40代
子供

子供

原因
モラハラ

ご依頼の経緯

別居1年後、夫が妻の精神的暴力を理由として離婚を求めて調停申立。
妻は離婚を拒否。調停が不成立となった後に、夫が離婚を求めて訴訟提起。
訴訟から妻の代理人となる。

当事務所の対応

婚姻費用分担調停で、婚費7万円と決定済み。
夫は、夫名義のオーバーローンの自宅から妻と子供達に退去してもらい、自宅を売却することを希望していたが、妻は、親権を妻とした上で、算定表を基準とした養育費の他に、夫に自宅ローンを負担してもらい、さらに、子供が高校を卒業するまでの5年間、自宅に居住することが出来るならば、離婚に応ずると主張。
妻の主張する条件を呑むことができない夫が、訴えを取り下げて終了。

結局、妻の希望どおり、離婚は成立しなかった。

受任から夫の取り下げまで7カ月。

オンライン面談実施中